背面切開術

背面切開術(バックカット)

背面切開術(バックカット)

背面切開術は亀頭と包皮が癒着している場合はそれを剥がす事から始まり、剥けば亀頭が露出するという状態にした後、包皮の開口部分から縦にメスを入れて切開し、亀頭が露出しやすくなった状態にした所で縫合するという、これも広く使われているポピュラーな切開法の一つです。

 

このバックカットと呼ばれる背面切開術は手術する時間が短く、切開する部分もごく僅かで済むため身体への負担が少なく、傷の治りも早いため子供の包茎手術にも採用されています。

 

しかし問題なのは、包皮の余分な部分を切除するという形ではないという所から始まります。
それが原因で再び亀頭に包皮が癒着するという事も稀にあり、再び手術をする必要が出てくる可能性もあります。

 

また、余分な包皮が横にだぶつくため格好が悪いという点もデメリットの一つと言えるでしょう。