環状切開術

環状切開術の手術方式

環状切開術

環状切開術とは、包茎治療専門のクリニックだけでなく病院の泌尿器科でも多く採用されるポピュラーな手術方式で、余分な包皮部分を環状(円のように)切除し、残された包皮と亀頭のカリの部分を縫合するという簡単で確実性の高い包茎手術です。

 

しかしこれにはデメリットがいくつかあり、一つは裏スジが切除されてしまう可能性があります。
最近では、環状切開術をする際に裏スジをしっかり残したやり方をするのが一般的となっていますが、技術力の低い悪徳なクリニックや多くのことを考えない一部の病院では、裏スジも切除してしまうという場合があります。

 

裏スジを切除されてしまった場合、性感帯の一部が無くなってしまうわけですから、当然感じにくくなり、遅漏になったりするなどの弊害が生まれます。

 

しかし、早漏を気にする人にとっては、裏スジをわざと切除する事で克服しようとする人も中にはいるみたいです。

 

環状切開術のもう一つのデメリットとしては、手術をした事がバレバレになってしまう、見栄えの悪いツートンカラーになってしまう事です。
アルバイト医師を採用するような技術力の低いクリニックや美容意識を一切無視する病院の対応では、包皮のどす黒い色と、亀頭のピンク色が混ざり合うような縫合方法を取られ、手術痕が目立って銭湯やトイレ、彼女とのセックスをする時には手術をした事が簡単にバレてしまいますので、注意が必要です。