切る手術 包茎治療

切る手術の方が確実性有り

軽度の仮性包茎の場合、切らずに包茎を矯正できる「根元部固定法」や「ナチュラルピーリング法」などの手法がありますが、これらはあくまで包茎矯正手術であり、余分な包皮を切ったりはしないため、効果が薄れると包皮が元に戻ってしまう可能性も十分あります。

 

これらを回避し、完璧に治したいという場合はやはり切る手術を選択した方が良いでしょう。

 

入浴は1・2週間禁止(シャワーは可)、マスタベーションやセックスは3・4週間禁止と、男としてはキツい制約がありますが、腕のいい医師に治療してもらえれば包茎はキチッと治り、悩まされる事がないというのはとても安心できる物。

 

包茎治療や包茎で悩むのはこれっきりにしたいという方には、切る手術を受けるのはオススメです。