亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法とは勃起させたペニスの状態に合わせて余分な包皮を切除して亀頭直下のカリの部分で縫合するという方法で、この方法は縫い痕を亀頭の下に隠すため、傷跡が目立ちにくくなるという特徴を持っています。

 

また、勃起した状態にピッタリと合うように切除するという特徴から、他の切開術では起こりがちな手術後のツッパリ感が生じにくいというメリットがあります。

 

しかし、この亀頭直下埋没法は医師の技量に大きく左右される難しい手術で、包茎治療の経験を積んできたベテランの医師がちゃんと執刀してくれるのかをしっかりと確かめましょう。

 

技術不足の医師が原因で失敗すると、包皮が元に戻ってしまったり、あるいは亀頭が包皮に締め付けられて鬱血してしまうカントン包茎のような状態になってしまう場合もありえます。

 

また、技術力の高い医師に執刀してもらったとしても亀頭直下埋没法には手術後数々の制約があります。
入浴は10〜2週間ほど出来ません(シャワーは可能です)
激しい運動は1週間は抑える事
セックスやマスタベーションは3週間〜1ヶ月程不可能

 

など、他の切開術をしてもこれらの制約はありますが、それでも特に厳しいのがこの切開術のデメリットと言えます。