根本部固定法

根元部固定法

根元部固定法

この根元部固定法という包茎治療は、メスを使った「切る包茎治療」とは違い、メスを一切使わない「切らない包茎治療」と言われています。

 

その手法としましては、まず包皮を剥いて亀頭を露出させた状態を維持し、ペニスの根本側に集まる余った包皮を特殊な医療用接着剤で固定し、常に亀頭を露出した状態にするという方法です。

 

この時につかう医療用接着剤は身体に影響のない素材を使っています。

 

この根元部固定法は亀頭を常に露出させる剥きグセを付けるという点が最大の特徴であるため、包茎手術というよりも包茎矯正手術と言ったほうがいいかも知れません。

 

根元部固定法の大きなメリットとしては、切る手術とは違って傷が残る事もなく、また傷が癒える時間を必要としないため制約が非常に少なく、短期間で入浴やセックス・マスタベーションが出来るというのが利点です。

 

しかし、デメリットとしてまず挙げられるのは、接着剤の効果が低下すると固定されていた包皮が外れてしまい、皮が元に戻ってしまう可能性があります。
元に戻したい場合は当然、再び手術を受ける必要があります。

 

また、安全な医療用接着剤とはいえ、誰にでも完全に害がないとは言い切れるわけではなく、稀にかぶれてしまう・赤くなってしまうなどのトラブルもあるようです。

 

この根元部固定法は、基本的に仮性包茎の方のみに効果があり、カントン包茎や真性包茎の方には効果がないため、ご注意下さい。